NEWSENBUゼミナールからのお知らせ

ホーム >  ENBUゼミナールからのお知らせ >  2017年 >  記事詳細
2017.01.06
1/30(月)市井昌秀監督による映画監督コース無料特別講座を開催!

映画監督コース講師・市井昌秀監督による特別無料講座を1/30(日)に開催いたします!

昨年に続き、2017年度春期・映画監督コースの専任講師を務めていただくことになった市井昌秀監督より、
PFFグランプリ獲得から商業デビューまで、現在のご活躍に至る経験をお話いただきます!

昨年PFFで教え子の在校生が入選を果たすなど、
生徒の実力・魅力を引き出している独自の授業内容についてもお話しいただく予定です。

映画監督を目指している方、映画制作に興味のある方、市井監督作品に影響を受けた方、ぜひご参加下さい。お申込はこちらから

【日程】1月30日(月)
【時間】19:30~21:00
【会場】ENBUゼミナール
【定員】20名
【受講料】無料

【申込み】申込フォーム、またはメール・電話にて承ります。
メールでのお申込の場合、件名を「講座申込」とし、本文「希望講座名・お名前・ふりがな・性別・年齢・ご住所」を明記してお送り下さい。
申込フォーム http://ow.ly/FIq6306XBV7
TEL 03-5437-3550
MAIL enbu-info@enbuzemi.co.jp

講師:市井昌秀
劇団東京乾電池を経て、ENBUゼミナールに入学し、映画製作を学ぶ。04年にENBUゼミナールを卒業、初の長編作品となる自主映画「隼(はやぶさ)」が06年の第28回ぴあフィルムフェスティバルにおいて、準グランプリと技術賞を受賞。長編2作目となる「無防備」が第30回ぴあフィルムフェスティバルにおいてグランプリ、技術賞、Gyao賞を受賞する。同作は第13回釜山国際映画祭のコンペティション部門にてグランプリ受賞、第59回ベルリン国際映画祭フォーラム部門にも正式出品され、国内外から高い支持を得た。13年、初の商業映画「箱入り息子の恋」が公開され、モントリオール世界映画祭「ワールドシネマ部門」に正式出品される。新作「僕らのごはんは明日で待ってる」がが公開中、3月には「ハルチカ」が公開予定。
市井昌秀監督コメント http://enbuzemi.co.jp/teachers/ichiimasahide
映画監督コース詳細 http://enbuzemi.co.jp/course/director_year

※講座終了後、21時~22時まで映画監督コース説明会も予定しておりますので、合わせてお申し込み下さい。

2017年の記事へ戻る