TEACHER講師紹介

現場を知り尽くした講師陣から生のノウハウを学ぶ

ホーム >  講師紹介 >  市井昌秀

市井昌秀

映画監督【 映画製作講座 (専任) 】

市井昌秀(いちいまさひで)

市井昌秀(いちいまさひで)

1976年4月1日生、富山県出身。

俳優・柄本明が主宰の劇団東京乾電池を経て、ENBUゼミナールに入学し、映画製作を学ぶ。

04年に、ENBUゼミナールを卒業後、初の長編作品となる自主映画「隼(はやぶさ)」が06年の第28回ぴあフィルムフェスティバルにおいて、準グランプリと技術賞を受賞。長編2作目となる「無防備」が第30回ぴあフィルムフェスティバルにおいてグランプリと技術賞、Gyao賞を受賞する。

そして同年開催の第13回釜山国際映画祭のコンペティション部門にてグランプリ受賞、翌年の第59回ベルリン国際映画祭フォーラム部門にも正式出品され、国内外から高い支持を得た。

13年には、初の商業映画「箱入り息子の恋」が公開。

同年のモントリオール世界映画祭「ワールドシネマ部門」に正式出品。

14年、日本映画監督協会新人賞受賞。

15年、初のTVドラマとなる「十月十日の進化論」(WOWOW)を監督。

同年、ギャラクシー賞のテレビ部門において奨励賞、日本放送民間連盟賞及び東京ドラマアウォード2015において優秀賞受賞。

17年、監督・脚本を担当した「僕らのごはんは明日で待ってる」「ハルチカ」公開予定。

メッセージ

映画の世界に自主映画から入る人たちは、プロの現場で下積みを重ねてきた人たちとは違います。技術で劣る分、自分なりの世界観をどれだけ強烈に表現出来るか、に掛かっています。

映画監督コースの講師を務めて、およそ四年が経ちますが、この四年間で感じたことは「自分を曝け出した」作品は、ちゃんと評価されているということです。

是非「映画監督」になりたい人ではなく「映画」で表現せざるを得ない人に来てもらいたいです。生半可ではなく、強い気持ちと高いモチベーションを持って、入学して頂けたらと思います。そして作品を通して、僕を嫉妬させて下さい。

講師一覧へ戻る