TEACHER講師紹介

現場を知り尽くした講師陣から生のノウハウを学ぶ

ホーム >  講師紹介 >  市井昌秀

市井昌秀

映画監督【 映画製作講座 (専任) 】

市井昌秀(いちいまさひで)

市井昌秀(いちいまさひで)

1976年4月1日生、富山県出身。

俳優・柄本明が主宰の劇団東京乾電池を経て、ENBUゼミナールに入学し、映画製作を学ぶ。

04年に、ENBUゼミナールを卒業後、初の長編作品となる自主映画「隼(はやぶさ)」が06年の第28回ぴあフィルムフェスティバルにおいて、準グランプリと技術賞を受賞。長編2作目となる「無防備」が第30回ぴあフィルムフェスティバルにおいてグランプリと技術賞、Gyao賞を受賞する。

そして同年開催の第13回釜山国際映画祭のコンペティション部門にてグランプリ受賞、翌年の第59回ベルリン国際映画祭フォーラム部門にも正式出品され、国内外から高い支持を得た。

13年には、初の商業映画「箱入り息子の恋」が公開。

同年のモントリオール世界映画祭「ワールドシネマ部門」に正式出品。

14年、日本映画監督協会新人賞受賞。

15年、初のTVドラマとなる「十月十日の進化論」(WOWOW)を監督。

同年、ギャラクシー賞のテレビ部門において奨励賞、日本放送民間連盟賞及び東京ドラマアウォード2015において優秀賞受賞。

17年、監督・脚本を担当した「僕らのごはんは明日で待ってる」「ハルチカ」公開予定。

メッセージ

映画制作は基本的に一人ではできません。スタッフ・キャストの想いを一つに集約することがなによりも監督としての役目です。映画作りは祭のように楽しい作業である一方、「OK」を出す役割は監督一人だけなので、監督は非常に孤独です。

 

監督コースという名の通り、監督になりたい人の集まりですが、一年を通して、知りたくもないのに全員が監督になれるわけではないことを痛感する人もいるでしょう。監督志望の仲間がスタッフとなるので、時には意見が集約できず、混乱する人もいるでしょう。それでも「OK」を出す怖さと戦い、積み重ねたカットをシーンにし、シーンを紡いで、一本の自分らしい映画を撮ってもらえたらと思います。

 

生半可ではなく、強い気持ちと高いモチベーションを持って、入学して頂けたらと思います。

講師一覧へ戻る