GRADUATE卒業生紹介

先輩に続け!数々の卒業生が演劇・映画業界で活躍中!

ホーム >  卒業生紹介 >  鈴木太一

ENBUは映画づくりの楽しみも苦味もいっぱい体験できた場所

鈴木太一

映画監督コース 【 2002年春期入学 】

鈴木太一(すずきたいち)

早稲田大学第二文学部卒業後、ENBUゼミナールにて映画づくりを学ぶ。映画監督篠原哲雄に師事。『怪奇!アンビリーバブル』シリーズなどの演出を経て、2012年に初の長編監督作『くそガキの告白』で劇場公開デビュー。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012にて4冠受賞。他の監督作に、311仙台短篇映画祭映画制作プロジェクト『明日』の一編『ベージュ』(2011)、NOTTV『

卒業生一覧へ戻る