GRADUATE卒業生紹介

先輩に続け!数々の卒業生が演劇・映画業界で活躍中!

ホーム >  卒業生紹介 >  橋野純平

大事にしたのは人との繋がりです

橋野純平

映像俳優コース 【 2008年春期入学 】

橋野純平(はしのじゅんぺい)

「株式会社JFCT」所属。映画、TVCMで広く活躍中。主な出演作に映画『SRサイタマラッパローサイドの逃亡者』 (‘12入江悠監督)、『ローリング』 (’15/冨永昌敬監督)、『聖の青春』(’16/森義隆監督)がある。

ターニングポイント

ENBUゼミ在学中に自分が一番大事にしたのは人との繋がりです。クラスメートや講師はもちろん、他のコースの生徒やOB、ENBUゼミスタッフとも積極的に関わるようにしました。
飲み会や自主稽古も積極的におこなって、1年間で携帯のメモリーが100人以上増えました。
今、CMやドラマの現場に参加して改めて感じるのは、一人では何も出来ないということ。作品作りには様々な形で多くの人が関わっていて、技術の差はあっても根底にあるのは人との繋がりだということを実感しています。

卒業生一覧へ戻る