GRADUATE卒業生紹介

先輩に続け!数々の卒業生が演劇・映画業界で活躍中!

ホーム >  卒業生紹介 >  天野千尋

卒業した今も映画人に囲まれた刺激多き日々

天野千尋

映画監督コース 【 2008年春期入学 】

天野千尋(あまのちひろ)

卒業制作で撮った『さよならマフラー』が、第6回シネアストオーガニゼーション大阪エキシビジョン(CO2)のNEXT COMER作品に選ばれる。卒業後に撮った『賽ヲナゲロ』(2010)と『チョッキン堪忍袋』(2011)が、ぴあフィルムフェスティバルに連続入選。ガレッジセール・川田広樹が主演の『ガマゴリ・ネバーアイランド』が沖縄国際映画祭2012にて上映。

ターニングポイント

私は昼間、会社員として働きながら、ENBUゼミの夜間コースに通いました。平日は仕事が終わってから授業に向かい、休みの日は同期の仲間の撮影を手伝うなど、慌ただしいけれど、とても密度の濃い1年間でした。
卒業してからも、ENBUゼミを通じて知り合った方の撮影を手伝ったり、映画祭や上映展に参加するなど、積極的に映画と関わるようにしていました。
そのおかげで、いろんな人との出会いが次々と生まれ、今もなお、映画人に囲まれた刺激の多い日々を送っています。
これからも、人とのつながりを大切にし、映画を撮り続けていきたいと思っています。

卒業生一覧へ戻る