GRADUATE卒業生紹介

先輩に続け!数々の卒業生が演劇・映画業界で活躍中!

ホーム >  卒業生紹介 >  金井純一

ENBUで学び、仲間を作り、映画を作る

金井純一

コラボレート監督部 【 2006年春期入学 】

金井純一(かないじゅんいち)

1983年埼玉県出身。2007年、伊参スタジオ映画祭にて「求愛」がシナリオ大賞を受賞。2009年、文化庁若手映画作家育成プロジェ クトに抜擢され、「ペダルの行方」 を製作。2012年製作の短編「転校生」は、札幌国際短編映画際で監督賞と最優秀国内作品賞をW受賞、釜山国際映画祭で特別賞受賞など、国内外で多数受 賞。2013年、長編「ゆるせない、逢いたい」(柳楽優弥、吉倉あおい)が公開。

ターニングポイント

国内の映画祭を回ると、必ずと言っていいほど、ENBU出身の監督と出会います。ENBUで学び、仲間を作り、映画を作る。第一線活躍中の講師の方から学ぶことも非常に多く、濃密な時間を、映画作りの初心者達で共有して走りぬけ、そして時には暴走して、失敗しても映画を作り続けたいと思えたら、そんな人達が、卒業生にはいっぱいいます!

卒業生一覧へ戻る