GRADUATE卒業生紹介

先輩に続け!数々の卒業生が演劇・映画業界で活躍中!

ホーム >  卒業生紹介 >  森下サトシ

美しい瞬間に触れたくて

森下サトシ

映像俳優コース 【 2002年春期入学 】

森下サトシ(もりしたさとし)

2003年、ENBUゼミナールにて熊切和嘉監督との出会いから俳優デビュー。近年の出演作は、CM「日清食品どん兵衛」の弟子役(レギュラー出演中)、映画「悪の教典」(三池崇史監督)など。

ターニングポイント

映画を観たり、芝居をしているとき、美しい瞬間に触れることがあります。
また、その瞬間に触れたいと俳優を続けています。
「与えられた状況の中で、生きている人でいること。温度や匂いや手触りを感じられる演技をしよう」
そう思って、俳優を仕事にしています。

卒業生一覧へ戻る