GRADUATE卒業生紹介

先輩に続け!数々の卒業生が演劇・映画業界で活躍中!

ホーム >  卒業生紹介 >  今野恭成

監督から盗んだ力は大きな財産

今野恭成

映画監督コース 【 2010年秋期入学 】

今野恭成(こんのやすまさ)

卒業制作の『アパートヘルス』が早稲田映画まつりでキネマ旬報賞、ひろしま映像展入選。同時期に制作した『砂の島』が早稲田映画まつりグランプリ。ENBUゼミナール卒業後、東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻へ進学。

ターニングポイント

ENBUでは高橋泉監督、冨永昌敬監督の講義を受けました。役者の演出、カメラの動かし方は本にあるテキストでは学びにくいものです。役者を動かすのは声であり、カメラを動かすのは手だからです。二人の監督の生の声、実際の動きから盗んだ力は大きな財産になっています。

卒業生一覧へ戻る