GRADUATE卒業生紹介

先輩に続け!数々の卒業生が演劇・映画業界で活躍中!

ホーム >  卒業生紹介 >  ノゾエ征爾

最も養われたのは覚悟と自主性

ノゾエ征爾

演劇コース 【 1998年春期入学 】

ノゾエ征爾(のぞえせいじ)

演出家、脚本家、俳優。99年「はえぎわ」を旗揚げ。人間のあれやこれやを、笑いと妙なリアルさでえぐり、理屈抜きの大胆な演出で魅せる。他、海外作品の演出や、映像など他分野で脚本家・俳優としても活躍する。

ターニングポイント

松尾スズキクラスでは、生徒だけで作品を作る機会も多かったので、とにかく一年間闇雲に書いたり演出したり骨折したりとしてました。
そこで最も養われたのは覚悟と自主性だったかもしれません。

その後劇団を立ち上げ、なんとか今も演劇の内外で作家・演出・役者として活動させてもらってます。

そんな今思う事は、ありきたりだけど、縁。
付き合いが下手な僕が言うのもなんですが、縁を大事にして、多少の覚悟と自主性があれば大丈夫だと思います。
あとは楽しめてれば。

卒業生一覧へ戻る