TEACHER講師紹介

現場を知り尽くした講師陣から生のノウハウを学ぶ

ホーム >  講師紹介 >  三島有紀子

三島有紀子

映画監督【 俳優ワークショップ 】

三島有紀子(みしまゆきこ)
18歳からインディーズ映画を撮り始め、神戸女学院大学卒業後NHKに入局。「NHKスペシャル」など〝人生で突然ふりかかる出来事から受ける、心の痛みと再生〟をテーマに、ドキュメンタリー作品を企画・監督していたが、03年に劇映画を撮るために独立し、東映京都撮影所などでフリーの助監督として活動。ニューヨークでHBスタジオ講師陣のサマーワークショップを受ける。その後『しあわせのパン』(12年)、『ぶどうのなみだ』(14年)と、オリジナル脚本・監督で作品を発表。撮影後、同名小説を上梓した。企画から10年かけた『繕い裁つ人』(15年)は、第16回全州国際映画祭で上映され、韓国、台湾でも公開。その後、『少女』(16年)を手掛け、『幼な子われらに生まれ』(17年)では第41回モントリオール世界映画祭で最高賞に次ぐ審査員特別大賞に加え、第41回山路ふみ子賞作品賞、第42回報知映画賞では監督賞を受賞し、好評を博した。夏帆/妻夫木聡出演の2020年2月公開『Red』は、ロマンスの中に現代女性の悩みを盛り込み、一人の女性が自分の意志で人生を選択していく姿を描いた。今年10月1日に『よろこびのうた Ode to Joy』が短編プロジェクト「DIVOC12」の一本として公開される。 ドキュメンタリー作品から劇映画、テレビ作品まで一貫して、永続的な日常の中の人間にある軋みを描きつつも、最後には小さな“魂の救済”を描くことを信条としている。スタイルとしては、研ぎ澄まされた演出に下支えされた美しい映像作りに定評があり、一見すると柔らかい作風の初期作品から、ハードな生々しい演出が露出する近作まで、演出の姿勢は変わらない。
講師一覧へ戻る