TEACHER講師紹介

現場を知り尽くした講師陣から生のノウハウを学ぶ

ホーム >  講師紹介 >  万田邦敏

万田邦敏

映画監督【 俳優ワークショップ 】

万田邦敏(まんだくにとし)

1956年生まれ、映画監督。映画美学校講師、立教大学現代心理学部映像身体学科教授。

立教大学在学中、黒沢清らとともに自主映画製作を行う。大学中退後、黒沢清の『神田川淫乱戦争』に美術として、『ドレミファ娘の血は騒ぐ』に共同脚本、助監督として参加。その後PRビデオ、TVドラマの演出を経て、96年、押井守総合監修による実写SF『宇宙貨物船レムナント6』で商業映画監督デビュー。2001年長編処女作『UNLOVED』がカンヌ国際映画祭にてエキュメニック新人賞、レール・ドール賞をW受賞。2004年に『あのトンネル(The Tunnel)』がカンヌ映画祭監督週間に招待された。その他の監督作に『ありがとう』(06)、『接吻』(07)、『イヌミチ』(13)、『シンクロナイザー』(17)など。

著書に『再履修とっても恥ずかしゼミナール』(港の人)、共著に『映画の授業 映画美学校の教室から』(青土社)がある。

講師一覧へ戻る