TEACHER講師紹介

現場を知り尽くした講師陣から生のノウハウを学ぶ

ホーム >  講師紹介 >  玉田真也

玉田企画は、青年団演出部に所属する玉田真也の作品を上演するための演劇ユニット。

2012年より青年団若手自主企画として3つの作品を発表、
2013年MITAKA “Next” Selection 14thに『臆病な町』での参加を経て、
2014年より「青年団リンク 玉田企画」として活動を開始する。 
日常の中にある、「変な空気」を精緻でリアルな口語体で再現する。観る者の、痛々しい思い出として封印している感覚をほじくり出し、その「痛さ」を俯瞰して笑いに変える。
例えば、中学生男子が修学旅行で、全然お呼びでないのに女子部屋に入ってしまったときの居たたまれない空気。外国人留学生など自分たちの社会の外側からくる人々との間で起こる異文化衝突、などを緻密に描くことで、日本人の空気を読む、独特のコミュニケーションの滑稽さを際立たせる。提示される状況や空気はどれも、実際その場に居合わせていたら笑っている場合ではないものだが、しかし第三者として見たときにおかしくてしょうがない、そんな状況である。

玉田真也

演出家、脚本家【 サマースクール・演劇ワークショップ 】

玉田真也(たまだしんや)

玉田真也(たまだしんや)

平田オリザが主宰する劇団青年団の演出部に所属。玉田企画で脚本と演出。

日常の中にある、「変な空気」を精緻でリアルな口語体で再現する。

観る者の、痛々しい思い出として封印している感覚をほじくり出し、 その「痛さ」を俯瞰して笑いに変える作品が特徴。

講師一覧へ戻る