TEACHER講師紹介

現場を知り尽くした講師陣から生のノウハウを学ぶ

ホーム >  講師紹介 >  外山文治

外山文治

映画監督【 俳優ワークショップ 】

外山文治(そとやまぶんじ)

1980年9月25日福岡県出身。

学生時代よりテレビドラマ・映画等の助監督として活動を開始。

短編映画『此の岸のこと』(10)が海外の映画祭で多数上映され「モナコ国際映画祭2011」短編部門の最高賞にあたる「最優秀作品賞」をはじめ五冠を受賞。

シニア世代の婚活を描いたプロット『燦燦 -さんさん -』がユナイテッド・シネマ株式会社主催「第六回シネマプロットコンペティション2011」にて「グランプリ」受賞。

自身の脚本・監督による長編映画監督デビュー作品『燦燦—さんさんー』は「第38回モントリオール世界映画祭」フォーカス・オン・ワールドシネマ部門正式招待作品となり、全国37館にて公開される。

2014年より「TSUTAYA」CM演出他、PV、コンサート演出と活動の幅を広げる。

2017年、芳根京子主演『わさび』、吉行和子・村上虹郎共演『春なれや』を含む「映画監督外山文治短編作品集」を発表。ユーロスペースの2週間レイトショー観客動員数歴代1位を樹立する。

講師一覧へ戻る