TEACHER講師紹介

現場を知り尽くした講師陣から生のノウハウを学ぶ

ホーム >  講師紹介 >  井保三兎

井保三兎

劇作家・役者・演出家【 演劇ワークショップ 】

井保三兎(いほさんと)

井保 三兎( いほ さんと、1975 年6 月6 日-) は、日本の劇作家、役者、演出家。

滋賀県高島市出身。滋賀県立高島高等学校、桃山学院大学卒業。

「劇団21 世紀FOX」に所属した後、劇団「演劇制作体V-NET」を小金丸大和と共に旗揚げ。

また、劇団「ラビット番長」の主宰でもある。日本劇作家協会会員。

 

2000 年、「劇団21 世紀FOX 研修所」在学中、同研修所試演会で在学生としては異例の作・演出で「もういいかい まあだだよ」を恵比寿・エコー劇場にて上演。後に、この作品は井保三兎の代表作となり「現代制作舎」や「マネ協 第1 回プロデュース公演」等でも度々再演されている。

 

2006 年10 月、主宰で演劇ユニット「ラビット番長」を旗揚げ。

以降、ラビット番長では年2回、井保三兎の書き下ろし作品を上演。数々の演劇賞を受賞している。

 

最近では外部の演出家活動も精力的に行っており、代表作として、水島裕プロデュース公演「BLIND THEATER」演出、

萬屋錦之助一座「ざ☆よろきん」演出、平成時代劇 片肌☆倶利伽羅紋紋一座「ざ☆くりもん」演出 などがある。

講師一覧へ戻る