TEACHER講師紹介

現場を知り尽くした講師陣から生のノウハウを学ぶ

ホーム >  講師紹介 >  いまおかしんじ

いまおかしんじ

映画監督【 俳優ワークショップ 】

いまおかしんじ(いまおかしんじ)
1965年、大阪府生まれ。1995年「獣たちの性宴 イクときいっしょ」(彗星まち)でデビュー。その後、2004年林由美香の代表作「たまもの」が一般上映。2011年にはカメラマンにクリストファー・ドイルを迎え、日独合作のピンクミュージカル映画「UNDERWATER LOVE-おんなの河童-」が公開。脚本作として、西村賢太原作の「苦役列車」山下敦弘監督(2012年)などがある。阪神・淡路大震災を題材にした「れいこいるか」が、2020年映画芸術ベストテン1位になる。

メッセージ

20代の頃、利重剛さんや小口詩子さんの映像ワークショップに行ったり、馬場当さんのシナリオ教室に通ったりした。なかなかうまくいかなくて、こんなの役に立たないと思った。でも何かのきっかけにはなったかもしれない。映画への入り口はそこらにあると思う。どこでもいいから出かければいいと思う。
講師一覧へ戻る