ACTIVITY講師の活動紹介

ホーム >  講師の活動紹介 >  2017年 >  記事詳細
2017.06.07
8/29(火)演劇WS講師の楢原拓(劇団チャリT企画)さん作・演出の公演が6/9-13新宿眼科画廊にて上演。

世の茶番を笑い飛ばすふざけた社会派
チャリT企画は1997年、早稲田大学演劇研究会(第三舞台、山の手事情社、双数姉妹、東京オレンジ等を輩出) に在籍していた楢原拓(chari-T)を中心に結成され、翌1998年、同研究会のアンサンブル(内部劇団)として旗揚げ。

鋭い人間観察とシニカルな社会批評の視線であり、時事ネタや社会問題などのシリアスな題材を、独特なセンスで軽妙に笑い飛ばす風刺と批評性に富んだその希有なスタイルは「ふざけた社会派」として小劇場の中でもひときわ異彩を放っている。

 

1998年 ・早大劇研を母体に『トロツキスト』で旗揚げ
2004年 ・若手劇団の登竜門として知られる「パルテノン多摩小劇場フェスティバル」に出場。ベストフォトジェニック賞受賞
・日中韓三ヶ国による国際演劇祭「BeSeTo演劇祭」に東京オレンジとの合同企画で参加
・早大劇研より独立
2005年 ・第13回公演『足立区 ver.3.5.1』で、こまばアゴラ劇場と提携公演(文化庁芸術拠点形成事業)
・演劇ぶっく社主催「next wave 演劇博覧会」参加
2007年 ・第15回公演『アベベのベ』で、王子小劇場・佐藤佐吉演劇賞「優秀脚本賞」受賞
2009年 ・第18回公演『ネズミ狩り』で、王子小劇場・佐藤佐吉演劇賞「最優秀脚本賞」「最優秀主演女優賞」「優秀主演男優賞」受賞
2010年 ・第20回公演『プレイバックPart3』で、王子小劇場・佐藤佐吉演劇賞「優秀脚本賞」「優秀助演男優賞」「優秀助演女優賞」受賞
2011年 ・第23回公演『ネズミ狩り』で「CoRich 舞台芸術まつり2011春」の最終審査団体10組に選出。審査員の平均合計点で第2位。惜しくもグランプリを逃すが、「俳優賞」受賞

 

劇団チャリT企画 番外公演
「キョーボーですよ!」
作・演出 楢原 拓(chari-T)

 【タイムテーブル】

6月9日(金) 19:30
6月10日(土) 15:00/19:30
6月11日(日) 14:00/18:00
6月12日(月) 19:30
6月13日(火) 15:00/19:30
※受付開始・開場は開演30分前

【料金】

一般2,500円/学生2,000円/高校生以下1,000円
※学生・高校生以下は要身分証提示

ご予約はこちらから

【劇場】

新宿眼科画廊

〒東京都新宿区新宿5-18-11
地下鉄「東新宿駅」より”徒歩8分”
地下鉄「新宿三丁目駅」より”徒歩9分”

 

8月29日(火)19:00~22:00演劇ワークショップ詳細はこちら

2017年の記事へ戻る