GRADUATE卒業生紹介

先輩に続け!数々の卒業生が演劇・映画業界で活躍中!

ホーム >  卒業生紹介 >  市井昌秀

モメながら映画をつくった貴重な時間

市井昌秀

映画監督コース 【 2003年秋期入学 】

市井昌秀(いちいまさひで)

市井昌秀(いちいまさひで)

1976年4月1日生、富山県出身。

俳優・柄本明が主宰の劇団東京乾電池を経て、ENBUゼミナールに入学し、映画製作を学ぶ。

04年に、ENBUゼミナールを卒業後、初の長編作品となる自主映画「隼(はやぶさ)」が06年の第28回ぴあフィルムフェスティバルにおいて、準グランプリと技術賞を受賞。長編2作目となる「無防備」が第30回ぴあフィルムフェスティバルにおいてグランプリと技術賞、Gyao賞を受賞する。

そして同年開催の第13回釜山国際映画祭のコンペティション部門にてグランプリ受賞、翌年の第59回ベルリン国際映画祭フォーラム部門にも正式出品され、国内外から高い支持を得た。

13年には、初の商業映画「箱入り息子の恋」が公開。

同年のモントリオール世界映画祭「ワールドシネマ部門」に正式出品。

14年、日本映画監督協会新人賞受賞。

15年、初のTVドラマとなる「十月十日の進化論」(WOWOW)を監督。

同年、ギャラクシー賞のテレビ部門において奨励賞、日本放送民間連盟賞及び東京ドラマアウォード2015において優秀賞受賞。

17年、監督・脚本を担当した「僕らのごはんは明日で待ってる」「ハルチカ」公開予定。

ターニングポイント

「映画監督コース」は名称通り、基本的に全員が監督になるために入学してくる。
全員が監督志望なので、我が強すぎて、言うこと聞かない。
スタッフなんてやれない。
監督なれないならどうでもいいなんて人も出てくるかもしれない。
そんな奴らと現場を進行させていくわけだから、しょっちゅうモメるし、罵声も飛び交う。
けど、自分がENBUゼミで得た最も貴重なことは、共に映画を作る仲間であったと思う。
次回作も間違いなく当時モメた奴らと共に映画を作ることになるだろう。

卒業生一覧へ戻る